コーナートップへのリンク
ねごとやTOP > のべるず@ねごとや > Dark Side > ふわふわさん(改)

ふわふわさん(改)

 ふわふわさんと彼女は呼んでいた。


 いつもふわふわ、彼女の側に漂っている“何か”で“誰か”。
 その姿は、儚げで、曖昧模糊としてつかみ所が無く、その性別が男なのか女なのかも判然としない。
 性別……そう、彼女はふわふわさんが「人」らしいことだけは、初めて見た時から直感していた。


 初めてふわふわさんに気がついたのは、まだ小学校に上がる前だったと思う。
 自分の周りにいつもいて、自分を見ている存在に気づいた彼女は、拙い言葉ながらも必死でコミュニケーションを図ろうとした。
 その様子は、端から見れば、滑稽にして奇異なものだったに違いない。
 なぜなら、ふわふわさんは、彼女にしか見えなかったから。


 自分にしか見えないふわふわさんの存在は、慣れるに従って、彼女にとっては当たり前の感覚になり、幼かった彼女にとっての日常の一部になっていった。
 そして、その人とは少しだけ違う“日常”を抱えたまま、彼女は小学校に上がり、やがて中学、高校、大学、社会人と人生を重ねていく。
 初めて友達と喧嘩をした日、ふわふわさんはとても困っているように見えた。
 初めてラブレターをもらった日、ふわふわさんは、もらった当人の彼女よりも驚いているように見えた。
 高校受験、大学受験、合格発表の日、彼女が志望校に合格したことを、ふわふわさんはわがことのように喜んでくれたように見えた。


 そして・・・・・・
 祖父母を送った葬儀の席で
 社会人となり親元を離れ、新しい生活の場へと移る特急電車の中で
 ふわふわさんは、いつもよりも彼女の近くに寄り添ってくれていた気がする。


 さらに時は過ぎ、彼女は伴侶となる人と出会い、新しい家庭を得た。
 初めての子供が生まれた時、ふわふわさんは彼女の耳元まで寄ってきて、祝福の言葉をかけてくれていたように思えた。
 そして、さらに時は過ぎ……


 子供が成長し、その子供がさらに新しい家庭を築き、そこで生まれた命が育っていく日々の流れを迎えたある日。
 彼女は突然胸に苦しみを憶え、気がついた時には病院のベッドに横たわっていた。
 彼女を心配げに覗き込む家族と……ふわふわさん。
 安堵感も手伝ってか、静かにその瞼を閉じる彼女が最後に見たのは、生まれて初めて目にする、ハッキリそれと分るふわふわさんの満面の笑顔。
 「お疲れ様」
 そう言ってもらえた気がした。
 そして・・・・・・

 次に目を覚ました時、彼女の視界に映ったのは小さな男の子の姿。
 男の子の方も、彼女を見ているのだろう。
 彼女の方を見ては、しきりに首を傾げ、何事か必死で彼女に話しかけてくる。
 あの日の彼女のように。


 彼女は、今度は自分がふわふわさんになったことを知った。

back