記事一覧

トップ > Audio&Visual

システムいじったった

自宅のオーディオに手を入れた当初、テレビ周り、つまり映画ソフトの再生などは普通にステレオ音声でいいと割り切っていたのですが、じわじわと余計な虫が騒ぎ始めまして結局手を出してしまいましたとさww

で、私の家ではテレビがあって、その横の床の間にあたる部分にアンプ、ネットワークオーディオプレイヤー、DAC、レコードプレイヤーなどを縦置きラックに配置しておりまして、スピーカーはそこからケーブルを這わせてテレビの両脇に置いているというレイアウト。
幸いテレビラック自体にはまだモノをおくスペースがあったので、そこにAVアンプを配置することに。
ただ、現状で既にアンプ、ネットワークオーディオは持っている状態なので、AVアンプは何を用意しても機能がダブるのが癪の種。こんなことなら、ピュアオーディオのアンプでなく最初からAVを想定したアンプにすれば良かったかと・・・・・・
色々思案した挙げ句、結局、機能の重複には目を瞑ることにして、セレクトした機種は


AVレシーバー

YAMAHA RX-S600

センタースピーカー

YAMAHA NS-C310

サブウーファー

YAMAHA NS-SW200

これで、フロントスピーカー、センタースピーカー、サブウーファーと3.1ch体制になるわけです。
本来は、これにリアスピーカーが加わり5.1chとするべきなのですが、今回は見送り。スペースの問題もありますし。

テレビラック内の現在の配置は下図のようになってます。

ファイル 1348-1.png

もう限界です(笑)
というか、スペースの問題があったので、AVアンプは薄型のモデルにしたんですけどね。
あと、AVシアターに関しては私も知識が乏しいので、最初は入門用のモデルで、という考えがあったのでRX-S600にした次第。他メーカーにも薄型の入門機はあったのですが、YAMAHAの場合、このクラスでもバナナプラグでのスピーカー接続に対応していたこと、そして私自身がYAMAHAというメーカーの製品をまだ使ったことがなかったことが商品選択の要素として大きかったです。
また図ではToppingのDACを配置してますが、オーディオ側にONKYOのDAC-1000という機種を置いており、テレビからAVアンプを介さない音声信号は光ケーブルで受けています。Toppingはいま現在Mac専用ですね。

そして・・・・・・AVセンターを中心にある程度組めた後、突発的にスピーカーを増設してしまいました(爆)
そして、購入したのは、英国モニターオーディオの Bronze BX-1

見た目で選びましたが何か?(w
いや、実際、癖のない音なのでAV用途には向いているかな?と(^^ゞ

現在、DENONアンプ⇔YAMAHAアンプ、そして、4312M⇔BX-1と切り替えて楽しんでます。
ちなみに、AV機器の配置と配線が終わって、一番最初に楽しんだ映像ソフトは「逆襲のシャア」と「F91」だったりする(爆) 
おおむね、現状の機器とその組み合わせには満足しています。
フロントのスピーカーもYAMAHAにして、統一した方がいいかな?とか思ったこともありますが、モニターオーディオもJBLもAV用途で使っている限りは、そんなに癖があるわけではないようなので不具合は感じません。
ただ、コストの問題があるので仕方ないのでしょうが、AVアンプ側にUSB入力は欲しかった。
現状、Mac mini経由でコンテンツを楽しみたい時、どうしても出力先が2chのDENONアンプ一択になってしまうんですよね。

棒で茄子

私、これでも一応カタギに社畜なんぞしているんですよ。
で、これまた一応給料と賞与も頂いて生活しているわけなんですよ。
で、賞与ですが、早速使ってしまいました(爆)

最初は、メガネ。

メガネ大事、超大事

行きつけ(?)のメガネ屋さんで二つ。
遠近両用と近距離用(つまり読書用)
現在使っているものが壊れたわけではないですが、予備として。

そして、もう一つの買い物は、オーディオ。
レコードプレイヤーとアンプ。

レコードプレイヤー、DENON DP-500M

正確には、上記のプレイヤー本体とカートリッジのDENON DL-311 mk2 こちらは元々使っているものがあったので針交換価格にて(同モデルの場合、針交換=本体交換なのです)レコードプレイヤーの購入は、おそらく本モデルが最後になるのではないかと・・・・・・

アンプ(プリメインアンプ) DENON PMA-1500 RE
元々、同社のPMA-1000というモデルを使っていましたが、今回もDENONに流れるw 最後まで悩んだ候補は、ケンブリッジオーディオでありました。結局、私も守旧派的人間なのか、かつて知ったる音のメーカーに流れたのであります。

さあ、もう何も贅沢は出来ない(爆)
今回購入したオーディオ製品は、通販でも量販店でもなく、地元専門店にて。

地元大事、超大事

ということもありますが、レコードプレイヤー購入に関して、DENONと海外メーカーとの比較に際しての相談などもありましたので、専門店にて相談させて頂いたという次第。そうしたことは、さすがに専門店スタッフの方相手以外には出来ないですからね。

映画「ALL YOU NEED IS KILL」を見たりもしましたが、こちらのお話はまた別の機会に。

ところで、ショップにて思ったこと。

いまのお年寄りは、お金持ってますね~~
私とほぼ同時刻に入っていた(少なくとも私より遙かに)年配のお客さん、うん十万のオーディオ機器を「それくらいの値段で買えるの?」という感覚で商談をまとめてました。で、ショップのスピーカーをセットして聞く時、「ここでこれだけ鳴ったならうちの機器でならもっといい音が出るだろ」と冗談交じりに・・・どういう視聴環境をもってんだよと・・・・・・
そのお客さん、ネットワークオーディオを構築しようともしていたみたいで、ルーターやNAS、スマホアプリのことも相談されていました・・・・・・この部分に関しては、すでにネットワーク環境構築済みの身としては「ねごとや商店」と化して個人請けしてやろうかと(爆)・・・・・・まぁ、冗談ですが(笑)何だか、NASやルーターもオーディオ専用機器を考えているようでした。NASにそうしたモデルがあるのは知ってましたが、ルーターにもあるのか?それにしても、いまはオーディオ機器販売業者の方もそうしたネットワーク機器にある程度精通していないと務まらない時代なのですね。ハイレゾの問題もあるし。
オーディオ用NASというと、こういうモデルなんでしょうが・・・・・・高いよ!うちで使っているNASの三倍超の値段だわ・・・・・・ショップで見たお方、全く躊躇なく値段もモデルも聞かずにオーダーしていたぞ・・・・・・

FLAC利用中

FLAC
・・・Free Lossless Audio Codec

Losslessとは可逆性の意。
要は、WAVファイルをMP3に圧縮した後、そのMP3ファイルを再びWAVファイルには出来ないが、FLACは再びWAVに戻せると。
その代わり、MP3が元の1/10くらいのファイルサイズになるのに対し、FLACはせいぜい50~60%
ただし、音質はダンチです!!

同じ曲を、片やMP3、片やFLACで同じオーディオセットで流すとその違いが感覚的にではありますが、はっきりと分かります。
感覚的と表現しましたが、オーディオに求める音質など主観的な感覚が第一。これ、重要な要素なのです。

手持ちのCD音源をFLACにするには、勿論何某かのツールが必要です。
Freeのツールはいくつかあるようですが、私の場合は以前より使用していたBD/DVD用書き込みソフト「Power 2 go」がそのまま使用できました。この「Power 2go」のリッピング機能を利用すると、何種類かのフォーマットでHDに楽曲を保存できるのですが、その選択肢の中に「FLAC」があったわけです。

ファイル 1309-1.jpg

現在、この機能を使って、手持ちのお気に入りCDを鋭意取り込み中。
例えば、これとかw

ファイル 1309-2.jpg

ただ、現在多くのミュージックソースがiTunesでDLしたものを含めてiPod/iPhoneにあるのが現状。FLACは文頭で記したとおり、圧縮率の問題から言って、持ち歩き用のデータには向いていない。なので

外→MP3を含めたiPod/iPhone
家→ネットワークオーディオプレイヤーを使って、NASに保存したFLACを利用

という使い方になるかと思います。

ところで、MP3とFLACでは、オーディオセットを介して聴いた時の質感が異なると言いましたが、それを私に思い知らせてくれた最初のソースは吉田美奈子さんの曲でした。
かって、かの山下達郎をして、「一番歌の上手い女性ボーカリスト」と言わしめた方
世代的には、大貫妙子さんや矢野顕子さんあたりと同じくらいでしょうか?

この際だからようつべを貼っておく♪

ネットワークオーディオなるもの

ネットワークプレイヤーに関するお話。

購入したのは、これ

ネットワークプレイヤーは色々なところから出ていますが、正直まだCDプレイヤーやプリメインアンプなどに比べれば、各社とも商品構成には厚みがない。
これとPioneer N-30も候補に入れたのですが、コストパフォーマンスの高さからDENONに。
理由としては、Audio&Visualテーマ最初のエントリで触れましたが、FM/AMチューナーが完全に死んだこともあります。
何といっても、ネットワークオーディオプレイヤーで、AirPlay対応で、かつFM/AMチューナー内蔵、それでに実売価格二万円そこそこ・・・・・・迷いはなかったですね(笑)
それに、ネットワークオーディオは今回初めて手を出すようなものですから、最初の一歩は安いモデルの方がいいのでは?という打算も・・・・・・

とりあえず手元に届いて最初にしたことは、ファームウェアのアップデート。
このあたりは、オーディオ機器というよりはパソコン周辺機器(笑)しかし、それがいまの時代のオーディオということなのでしょう。というか、私的には慣れた世界というべきか?
DNP-720SEはWifi対応なので、使用する接続もWifiを選択。うちのルーター、ひょっとしたら色々ぶらさげ過ぎかもしれない(爆)
設定画面を見ていたら、うちを含めほとんどの家庭環境で用はないでしょうが、ちゃんとプロキシサーバーにも対応していました。

で、ネットワークオーディオとしての構成ですが、まずiTunesのフォルダをNASにコピー。
そのコピーの際に、こちらのソフトを使用しました。

IOデータ Syncwith

かなりお手軽にミラーリング設定可能なソフトです。
NASに限らず、定期的なデータバックアップに使用できます。
それに何といっても、途中で「落ちて」もその部分をパスしてコピーを続行してくれます。
このNASへのコピーでも、一曲「落ちた」ものがあったのですが、何が落ちたのかを表示してくれているので簡単にカバーできました。
ちなみに、NASはBuffaloの2TBモデル。
iPhoneからもアクセス出来る便利グッズです。
従来からあるNASをミュージックサーバーにすることで、PC経由の音楽データの取り扱いは下図のようになりました。

ファイル 1308-1.jpg

ところで、この720SEのいいところはもうひとつ「AirPlay」です。
iOSの機能のひとつとして、iPhone或いはiPod toutch/iPadの持っている音楽データをAirPlayに対応したデバイスにWifi経由で飛ばして再生できるというものです。

それを再生している様子がこちら。AirPlayであることはアイコンで分かります。

ファイル 1308-2.jpg

AirPlayしている最中のiPod toutchがこちらです。

ファイル 1308-3.jpg

また、NASのデータを再生している時の画面表示はこちら

ファイル 1308-4.jpg

しかし、ネットワークオーディオというのはある意味危険です。
いまでは私、CDプレイヤープレイヤーを(買い換えたばかりなのに)殆ど起動させなくなってしまいました。
購入したCDプレイヤーは、iPod/iPhone/iPadを接続して再生する機能があるのですが、AirPlay対応のデバイスが加わると途端に用なしになってしまうという・・・・・・
ネットワークオーディオは、私のように単品オーディオに手を出す人でなくても、もっと気軽なモデルもあります。
慣れてきてからの使い勝手の良さからすると、本格オーディオよりもむしろもっと気軽なミニコンポやラジカセ以上コンポ以下ともいえる「デスクトップオーディオ」に向いているデバイスなのだろうと思います。
この際ですからステマしちゃいますと(笑)


上記ふたつのモデルいずれかと小型のスピーカーを組み合わせれば、例えばNASがない環境であっても無線LAN環境とiOSデバイスさえあれば、気軽にデジタルサウンドを楽しめますよ。設定作業も自力で無線LAN環境を設定した方なら楽にこなせることは、実際に作業した私が保証します。

とりあえず、iTunesの音楽をオーディオ機器で楽しむ環境は出来たので、ネットワークオーディオとしては今度はFLACに挑戦する積もり。
FLACについてご存じない方は、Wikipediaを見るよろし。

CDプレイヤー新調

今回はCDプレイヤー

実はCDプレイヤーについては、DAコンバーターを別途用意していたこともあって、それほど拘りはありませんでした。

極論すれば、音が出ればいい(笑)

しかし、それでは身も蓋もない。
故に以下の縛りを
・単体コンポーネントとして入門機レベル以上
・SACD対応

旧CDプレイヤー=DENON DCD-1600は購入した当時としては、中堅クラスのプレイヤーでしたからランクダウンのように見えますが、そこは昔と今のテクノロジーの差を期待したいところ。それにドライブ部分とデジタルアウトがきちんとしてくれていれば、そこはDAコンバーターにも期待。
SACD(Super Audio Compact Disc)については、その規格のCDは持っていませんが、今後のために対応しておくに越したことはない。
ということで候補に挙げたのは、Pioneer Sony Onkyo 三社のプレイヤー。
この中から自分なりに考えて、PioneerのPD-30というモデルをセレクトしました。

なかなか気に入ってます。購入した時の在庫状況は記憶の限りでは、Sonyが一番品薄(つまり納期がかかる)だったと思いますので。SACDプレイヤー入門機の中では、多分Sonyが一番人気商品なのではないかと思います。
実は、密かにユニバーサルプレイヤー(世界各国の3DBD/BD/DVD/SACD/CDの規格に対応した万能型に近いプレイヤー)もちらりと考えたのですが、さすがに予算的にきつかった・・・・・・
このPD-30の面白い機能として、前面パネルにUSBポートが用意されていて、ドックケーブルまたはライトニングを接続すると、iPod/iPhone/iPadのミュージックライブラリをオーディオ側で聴くことが出来ます。

ファイル 1306-1.jpg

ただ、あくまでもPD-30から見ると、内部のDAコンバーターを通してのアナログ出力のみ。デジタルポートには信号は流れません。
写真にあるiPhone再生テストでは、DAコンバーターから音を拾うことは出来ませんでした。
なお、再生したのは水樹奈々の「愛の星」・・・・・・YAMATO2199の主題歌はやはりTV版よりもBD版であります♪脱線するが、この曲が流れてのヤマト最終話エンディングはぐっとくるものがありますので、YAMATO2199好きでBDお持ちでない方は是非レンタルでいいのでご確認していただきたいところ。

自宅オーディオに手を入れるに際し、この冬はデジタルサイドの充実がメイン。
このCDプレイヤー(PD-30)導入の後は、いよいよネットワークオーディオに手を出します。
これについてはまだ発注した品物が手元に来ていない為、しばしのお待ちを。

なお、アナログサイド=レコードプレイヤー、プリメインアンプについては夏頃を目処に手を出す予定・・・・・・さすがにお金が続きませんので(^^ゞ

DAコンバーターの配置

さてオーディオねた第二弾は、このデジタルアンプに関して。

ToppingのTP32

入力側は、USBとRCAライン、二系統各1という実に割り切った設計。そして、10Wというこれまた割り切った出力。故の低価格。
しかし、これがかなり使えます。
実際にPCと繋いで分かったのですが、これちゃんと接続先のPCと電源のON/OFFが連動してくれるので面倒が少ないです。

オーディオのセッティングが終わる前に、こういう形でテストしてみました。

ファイル 1304-1.jpg

スピーカーは、年末に購入したFOSTEXの自作キットで組んだ8cmユニットです。
で、繋いでみて分かったのですが、PCとデジタルアンプを繋ぐ場合、PC側の設定をいじる必要があるのですね。
オーディオと繋ぐ予定のMac miniはテレビとHDMI接続して使っている端末ですが、OSはWindows7。
スタートメニューから「デバイスとプリンター」を起動させ、下図のようにサウンドの設定を切り替えます。

ファイル 1304-2.jpg

デバイス一覧の中からTP32に相当するものを選択して右クリック→サウンドの設定をクリック。

ファイル 1304-3.jpg

サウンドの出力先一覧が表示されるので、その中からTP32に相当するものを選択し「規定値に設定」させてからOKボタンで画面を閉じる。

この設定を完了させないとアンプ側に音声信号は送られません。

ひとつ前のエントリで、このTP32とFostexの8cmユニットは結局メインのPCと繋いでいると書きましたが、現在はONKYOのDAC-1000とToppingのD20というDAコンバーターを用いて、こうした繋がりになっています。

ファイル 1304-4.jpg

なぜDAコンバーターが二台あるのか?


最初は、DAC-1000にUSB接続が可能なので、DAC-1000一台でこなす積もりだったのですが、ハード的にMac miniが対応出来ないという落とし穴(爆)
仕方なく、予算の問題もあって安いD20を急遽入手した次第。
で、DAC-1000はCDプレイヤー、というかオーディオ側のみに割り振り、D20をテレビラックに置いて、テレビとMac miniを繋いでいます。

DAコンバーターに関しては、CDやPC以外にもネットワークオーディオなどの導入を考えればその変換「口」は確保しておいた方がいいだろうなという判断。
アナログソースのデジタル保管も考えているので、デジタル→アナログだけでなく、アナログ→デジタルも考えなければいけないのでしょうが、いまはまだアナログ側の体制が整っていませんので、とりあえずデジタル側をきちんと整備するという方向で。

次のエントリではCDプレイヤーについて

オーディオの虫が起きましたw

最近、オーディオに目覚めました・・・より正確に言うなら悪い虫が目覚めました。

音楽をPCやiPodで聞くことが当たり前になりすぎて放置状態だったオーディオセットを、アクオス(TV)の近くに動かし、アクオスの両サイドにスピーカーをセットし、同時にテスト。
で、以下はその結果





















>






















コンポーネント型番判定摘要
プリメイン
アンプ
DENON
PMA-1000G
普通に使う分にはノイズが激しくバランスもガタガタ。しかし、ソースダイレクトボタンを押し、バランスコントロールを介さずに使う分には問題なし。
レコード
プレイヤー
DENON
DP-65F
×音割れが激しい上にオートストップ機能が使えない
FM/AM
チューナー
TRIO
KT-1100
×JVC KENWOODの前身の前身のモデル(笑)全然音がしません
CD
プレイヤー
DENON
DCD-1600
×ディスクを全く読み込まない
カセット
デッキ
TEAC
V-7010
再生については機能・音質ともに全く問題なし。録音はテストしていない。
スピーカーJBL 4312M全く問題なし

実は結構ショックでした(涙)・・・経済的な意味で。

でTVラックには、BDプレイヤーと一緒にmac-miniがセットしてありまして、HDMIケーブルでTVに繋いでます。この際なので、各コンポをどうするかとは別にmac-miniから音声信号をオーディオ側で拾えるように、とこういうものを入手しました。

小型のデジタルアンプです。いわゆる中華アンプでありますが、テストの際には十分すぎるくらいにスピーカーを鳴らしてくれました。ただ、出力としてフルで10Wなので、結構ボリュームを上げないといけませんでしたが・・・

あと、テスト用を兼ねてこういうのも・・・

いわゆる組み立てキットです。
組み立て自体は簡単ですし、音も見た目以上にそれなりの音が鳴ってくれます。

現在、このアンプとスピーカーは、USB接続でメインのPCに繋いで使用しています。ネットでの動画鑑賞の際の迫力が増しました♪
スピーカーに関しては、こういうより分りやすいキットもあります。

これだとアンプとスピーカーケーブルまでついてきます。
ただし、デジタルアンプではなく、ヘッドフォン用のミニピンでの接続です。iPodなどの再生装置と割り切れば十分ではなかろうかと?

あと、次にこれを組み立てたいんですよね。
・・・頑張って、お金を貯めますw


さて、上記表のテスト結果を以て、私がどうしたか?は次のエントリにて。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ