記事一覧

トップ > PC・インターネット

iPad Air2 買ったった

iPadが調子悪く、壊れたとまでは言いませんが、いい加減動きが不安定になって来てました。
で遂に立ち上がらなくなり、11日土曜日、福岡市中央区天神にあるアップルストアに行ってきました。
そして、サポートと少し話をしましたが、思い切って現状モデル、iPad Air2 64GBを購入。背面パネルがシルバーのモデルです。支払いはキャッシュだが……出費が痛かったorz

話は変わるが、天神に行った時間帯はちょうどお昼時だったのですが、あの辺りの食べ物屋さんってどうしてどこもかしこも行列だらけなんだ。特にラーメン屋!!私は昔ながらのスタイルの喫茶店に入ってオムライス食べていたが、そこはゆっくり出来たぞ(笑)どこかは絶対に書かないけどな。

購入手続き時、持っていたiPadはデータ消去の上、ショップ側に処分して頂きました。
正直、買い換えるなら、この際安いAndroidにしようかとも思ったが、やはりコンテンツという情報資産は無視できない辛さ。
特に電子書籍関係は、iPadとSony Readerが手放せない状況にまで入り込んでいるので(^^ゞ
さらに言えば、コミック関係はiPadでなければ閲覧は不可能に近い。

しかし、いまやiPadの方がPCよりも割高なご時世なんじゃなかろうか?
私の職場環境(秘密)なら、スペックを問わなければ確実にPCの方が安上がりだ。
これで現状、我が家のネットワーク機器は

・デスクトップPC(Win7)
・マックミニ(WIn7ブート)
・ネットブック(Ubuntu)
・iPhone 5
・iPad Air2
・ネットワークオーディオ(DENON と YAMAHA)

ということになるわけで。
細かく言えば、これにNASやプリンタ、TV、ユニバーサルプレイヤー、BDレコーダー等々
ネット依存度が半端ない(笑)

アップルストアには、既に発売前のアップルウォッチが展示されいましたが、現状手を出す気はなし。
だって、値段的に私の価値観的に腕時計に出してもいいと思える上限金額を遙かにオーバーしているから(爆)
アップルウォッチに限らず、スマートウォッチに関しては、ゆっくり、今後の推移を観察させて頂きます。

近況&PCネタ

さて、たまには生存報告しておくか(笑)

とりあえず生きてます。
健康面で言えば、まぁぼちぼち・・・・・・
来週火曜、また日帰り手術行ってきますorz

通勤は・・・・・・まぁ大変な部分もあります。時間的なこともそうですが、距離がある分、つい特急や新幹線を使うこともあり、金銭面での負担も少なくないのが悩みの種。残業した時の特急料金は月末精算で頂けるのでそれだけでも会社に感謝。
ほんの一年前までは(根性入れれば)徒歩通勤も可能だったくらいに職住近接環境だったのに・・・・・・
まぁ、それでも東京近郊某県から荒野を三日三晩走り続けないとたどり着けないところに較べれば(魔夜峰央ネタ)

仕事絡みと言えば、会社のPCがXPから7に変わりましたが、OSが変わることにより今までにないトラブルがありました。同僚の相談を受けて対処したのですが、デスクトップ画面が更新されないという症状。
どういうことかと例を挙げれば、

デスクトップに置いておいたデータを削除する

デスクトップ上のファイルのアイコンが消えない

ゴミ箱を開くと削除したデータはある

デスクトップ上に残ったファイル(アイコン)を開く

エラー

もっとシンプルな例としては

ゴミ箱を空にする

ゴミ箱の表示が「空」にならない

ゴミ箱を開くと中には何のデータも入っていない

こんな感じで症状がおわかり頂けるだろうか?
つまり、デスクトップ画面の表示が作業状況を反映していない(更新していない)

で、解決法は二つあるようです。
私のとった解決法は、下記の内最初に記述した(1)の方法。


(1)レジストリの編集


「Win」+「R」のショートカットで「ファイル名を指定して実行」、或いはスタートメニューから「プログラムとファイルの検索」の入力欄に「regedit」と入力。レジストリエディタを起動させる。起動させたら、以下の場所を開く。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies

Policiesの下に「Explorer」というキーがあるかどうか確認、あればそのまま開くが、なければ右クリックして「新規」→「キー」で「Explorer」というキーを作成する。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer

上記のキーに右クリック→「新規」→「DWORD値」で「NoSimpleNetIDList」。
作成した「NoSimpleNetIDList」上で右クリック→「修正」で、値は「1」とする。
レジストリエディタを閉じて、作業完了。パソコンを再起動させる。


(2)Fix itの実行


このような症状に対しての修正プログラムが公開されているようです。
下記リンクをクリック。ページ内の「今すぐ実行」ボタンをクリック。

診断ツール Fix it : デスクトップ アイコンが動かないなど一般的なシステムの問題

自分がとった方法とは違いますが、(2)の方法の方が簡単ではありますね。私は自分でするのが好きなので、レジストリをいじる方を選択しましたが(w

ルーター交換

ルーターを交換しました。

モデルは、これ↓の子機付きタイプ。子機といってもハード的には親機と全く同じなんですけどね。

Buufalo WZR-1750DHP/E

交換→設定は妙に手こずりましたが、交換後のネット接続は良好です。スピードテストでのテストでは約38Mbpps~50Mbps、交換前のほぼ倍。交換前にもフレッツ契約変更(ファミリー100から光ネクスト)時にちょうど倍の速度になったことを考えれば、フレッツ当初に比べればほぼ4倍。しかし、ルーター交換だけで純粋にインターネット接続速度というのは上がるものなんでしょうか?
出費的には痛かったが、これでIPv6に完全に対応出来るようになった。
また、USB接続のハードディスクやプリンタをルーターに接続することによって、ネットワークデバイスとして使用することも出来ます。

Wifi環境もこれで向上しましたし、タブレット、スマホともに接続設定は以前のルーターより簡単でしたし、接続状態も良好のようです。ちなみに子機(アクセスポイント)は、以前使っていた子機と同じくテレビの近くに置いています。

返歌のようなもの

どこかのAppleユーザーさんがお手紙出してきた。
読まずに食べそうになったが、直前で気がついたのでちょっと考えてみた。

Sony Readerの利点?
・・・ねえよ(笑)
おそらくシェアという点だけから見れば、電子書籍リーダーの主流はkindleであり、噂されているApple製リーダーでしょう。
提供されているコンテンツもkindleの方が上の筈。

私がSonyにした理由

1,最初はkindle Fire HDにしようかと思ったが、クレジットカード決済オンリーという点で二の足を踏んだ。結果、リーダーとiPadを買うという余計に金のかかる方法に(爆)
2,とりあえず国産メーカー或いはベンダーにしてみたかった。
3,赤が好き。
4,コンテンツ購入窓口がソニーストアだけでなく紀伊國屋も使える。
5,私は別に楽天ファンじゃないww(koboに固執する理由がない)

最後はともかくとして、1,2,4は大きかったですね。私はクレカの使用はできる限り控えたいタチなので。
あと、kindle Fire HDを外したことでiPad購入意欲は強まりましたから、国産という部分には余計強く惹かれました。
そして、4の部分。
これが実は購入後大きく好影響をもたらすのですが、紀伊國屋のウェブストアはマルチデバイス対応。
大まかには


  • パソコン

  • iOS

  • Android

  • Sony Reader

に対応してくれているのです。さらに言えば、紀伊國屋のiOSアプリ「kinoppy」を使えば、Appleのポイントが使用可能。
どういうことかというと、コンビニで売っているiTunesカードを購入し、パソコンからiTunesの自分のアカウントにポイント登録。
そのポイントを使って、kinoppyで買い物。
当然、購入した書籍データはiPad或いはiPhoneにDLされます。そのまま読んでもOKですが、私の場合、Sony Readerで再度アクセス。紀伊國屋での自分のアカウントから購入履歴を辿って、Readerに再度DLという方法をとってます。
DLした書籍データは、コミックについてはiPadで、小説についてはSony Readerで読むというスタイルをとっています。
この方法でなら、クレカも使わなくて済むし、一つのコンテンツを複数のデバイスでTPOに応じて楽しむことも出来る。
ご家族のある方なら、ご自身はReaderで読み、お子さん或いはパートナーの方はiPadで読むという使い方も出来るでしょう。
もうひとつ言うなら、iPadに限らずある程度以上のスペックのタブレット端末だと、色々と機能があるので私は読書に集中できません(爆)
Sony Readerは低スペックであり、有り体に言えば、本を読む以外にはたいしたことが出来るわけではない(偏見かもしれんが)
ブラウザをたちあげて、サイトを閲覧するとたちまち画面がカクカクしてしまう。
しかし、「それしか出来ない」からこそ、本を読むことに集中できる。
私は、Readerがなかったら、読書量が半分以下に落ちる自信がある(爆)
あと、画面の輝度とかボタン操作(画面上のフリック操作も勿論できる)とかは、個々人の相性の問題でありましょう。

結論を言いましょう。
Sony Readerなんてたいしたことない!!
特別これを選ぶメリットなんかない!!
購入可能なコンテンツの種類や量も大したアドバンテージを持っているわけでもない!!

しかし、他のデバイスとの連携次第では、色々と楽しめるデバイスですよとは、自信を持って言える。

ところで、さんざんステマしておいたので、Sonyさん紀伊國屋さんAppleさん、ポイントをつけてくれないだろうか?(笑)

Sony Reader ようやく使いこなしだしたぜ

Sony Reader 購入して早二ヶ月だぜ。
モデルを復習するぜ。

PRS-T2というWifiモデルだぜ。

一言でいえば、思っていたよりも使えます!!
普通に小説を読む分にはバッチリ!!
購入したのは、処す説は以下の3点。()内は購入先です。

葵 ヒカルが地球にいたころ(Sony Reader Store)


あした咲く蕾(紀伊國屋)

ちはやふる1巻(Sony Reader Store)

あと購入したものではないが、仕事用のPDF資料。

以上の内、小説は全く問題なし。
画面がバックライトの為か、むしろ紙の本よりも読みやすいと感じる局面もあり。
あとは、あの電子書籍ならではの液晶に文字が映っているという「意識」がどれだけ読書意欲に影響するかどうか、という主観的な問題だけではないかと。
「葵」に関しては、紙媒体で既読だったのですが、リーダーでどう表示されるのか試したくて、あえて購入したもの。
「あした咲く蕾」は、まだ読んでいる途中でありますので、感想などはまた別の機会に。

問題なのは、コミックとPDF資料。
PDFははっきりいって元のデータが大きかったこともあり、動きが鈍い・・・・・・このあたりは、書籍リーダーとしての割り切った設計が仇になりました。
同じファイルをiPadで閲覧する分には全く問題なし。

コミックである「ちはやふる」も同様。
やはり、コミック、つまり絵のデータは大きい。
また、リーダーの画面サイズでは辛いと感じる場面もあり。これは、私の目が悪いせい(爆)

ただ、コミックに関してはこれからはできる限り、iPadかPCで、とは思いましたね。
つまり、「ちはやふる」2巻以降は、iPadかPCでダウンロードすることになるかと。
・・・・・・配信先の対応はどうなっているんだろ(^^ゞ

とりあえず、電車の友とするには(小説限定なら)十分使える水準にあるというのが、私流の結論であります。
リーダーはあくまでもリーダー、他に色々したいなら、観念してそれなりのスペックのタブレットをおとなしく買うです!!ということになります(笑)

久々にセキュリティ関連のこと

本日(2013/1/27)、リアルの友人よりウィルス(正確にはアドウェアだった)にやられたと連絡あり。
電話で話を聞いてもいまひとつピンと来なかったので、実際にお宅訪問。

で、見せて貰うと↓のようなポップアップ画面が常時表示されている状態。

ファイル 1224-1.jpg

ウィンドウ隅のバッテンで消してもすぐ再表示。
再起動させてもスターアップ時に表示されます。

で、スターアップ時に表示されるというのでピンときて・・・・・・

ちなみに友人のPCのOSはWindows 7 home premium

(1)まずは基本。システムの復元を無効にします。
スタートボタンをクリック → コンピュータを選択して右クリック。メニューからプロパティを選択 → システムの画面が開いたら画面右側のメニューから「システムの保護」を選択する

(2)システムのプロパティ画面が表示され、上部のタブが「システムの保護」になっていることを確認。


(3)システム(OS)がインストールされているドライブを選択し、「構成ボタン」を押す。


(4)「設定の復元」の項目、「システムの保護を無効にする」にチェックを入れた後、適用ボタンを押して「OK」で画面を閉じる。

(5)次に「Ctr」+「Alt」+「delete」キーでタスクマネージャーを呼び出す。「サービス」と「プロセス」の中から不審なファイルを探す。

(6)スタートボタンをクリックし、「プログラムとファイルの検索」窓に「msconfig」と入力。システム構成が起動したら「スタートアップ」をチェック。(5)と同様に不審なプログラムを探す。今回の場合は、「webnx.spm」という項目にあたりをつけ、スタートアップ項目のチェックを外した後、再起動。再起動の前に、「webnx.spm」の実行ファイルへのパスをメモに控えておく。

(7)再起動後、当初の請求画面は表示されず。ここで、(6)で控えていたパスをエクスプローラーで表示し(C:\ProgramData\nxspm\07968793)、nxspmフォルダ内に請求画面に使用されていた画像データを発見。フォルダごと完全削除(SHIFTキーを押しながらDleteボタン)

(8)スタートボタン→全てのプログラム→アクセサリ→システムツール→ディスククリーンアップ。ゴミ箱、一時ファイルなど全てを削除する。

(9)「プログラムとファイルの検索」窓に「%temp%」と入力。一時フォルダを呼び出し、中のファイルを全て完全削除(削除できないファイルもあるので可能な限り)

(10)「プログラムとファイルの検索」窓に「regedit」と入力。レジストリエディタを起動し、「nxspm」と「07968793」を検索し、関連づけられているキーと値を削除。

(11)「Microsoft Essential Security」をインストールし、スキャン+システムクリーンアップ。ちなみにスキャンすると、下記の検索結果。

####ここから検索結果###

file:C:\Program Files (x86)\DealPly\DealPlyUpdateRun.exe
file:C:\Program Files (x86)\DealPly\icon.ico
file:C:\Program Files (x86)\DealPly\uninst.exe
file:C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\DealPly\DealPly Help.lnk
file:C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\DealPly\DealPly.lnk
file:C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\DealPly\Uninstall DealPly.lnk
file:C:\windows\System32\Tasks\DealPlyUpdate
folder:C:\Program Files (x86)\DealPly\
folder:C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\DealPly\
ieaddon:HKCU@S-1-5-21-2831175382-929049839-1813289130-1003\SOFTWARE\MICROSOFT\WINDOWS\CURRENTVERSION\EXT\STATS\{A6174F27-1FFF-E1D6-A93F-BA48AD5DD448}
regkey:HKCU@S-1-5-21-2831175382-929049839-1813289130-1003\software\DealPly
regkey:HKCU@S-1-5-21-2831175382-929049839-1813289130-1003\SOFTWARE\MICROSOFT\WINDOWS\CURRENTVERSION\EXT\STATS\{A6174F27-1FFF-E1D6-A93F-BA48AD5DD448}
regkey:HKLM\software\classes\Wow6432Node\clsid\{A6174F27-1FFF-E1D6-A93F-BA48AD5DD448}
regkey:HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\CLASSES\CLSID\{A6174F27-1FFF-E1D6-A93F-BA48AD5DD448}
regkey:HKLM\software\Wow6432Node\microsoft\windows\currentversion\explorer\Browser Helper Objects\{A6174F27-1FFF-E1D6-A93F-BA48AD5DD448}
regkey:HKLM\software\Wow6432Node\microsoft\windows\currentversion\uninstall\DealPly
taskscheduler:C:\windows\System32\Tasks\DealPlyUpdate
uninstall:HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\MICROSOFT\WINDOWS\CURRENTVERSION\UNINSTALL\DealPly

####検索結果、ここまで###

(12)システムの復元設定を元に戻し、復元ポイントを作成しておく。

以上!!

ワンクリック詐欺およびそれを促すアドウェアには要注意です!!

小説家にな・・・りたいかどうかは分からない(笑)

某巨大掲示板を見ていると、電子書籍出版の会社とライターとの間で、出版手数料および印税に関してちょっといざこざがあった様子が伝えられていた。

電子出版サイトにせよ、いま流行(?)の小説SNSにしろ、これからは色々と選択には気をつけなくてはいけないご時世なのかな?と。
これ、文章だけでなく、コミックやイラストもそうなのではないかなと思います。
小説SNSといえば、割と有名なものは「小説家になろう」だろうか?
私もそんなに読んでいるといえるものではないが、その中でもよく出世作品としてあげられているのが「魔法科高校の劣等生」だったりする。

ウェブ発ということでは最近アニメ化された「ソードアートオンライン」や「アクセルワールド」も入れていいかもしれない。
ただ勘違いしてはいけないのは、こうした成功作品は「特別」だということ。
たいていの場合は、運良く出版されるにしても、掌編あたりをアンソロジーに組み込まれておしまいというケースじゃないかな?と。
さらに言えば、SNSにしても、かつてmixiの規約改定で問題になったが、その気になればサイト運営者がデータ(作品と言っても電子データであることには変わりない)の所有権を主張できると言うこと。
公開する仕組みまで丸投げというのは、楽な一方、そうしたリスクも覚悟する必要はあるのでは?
勿論、世の中には「法律」というものがあるので、そうそう好き勝手は出来るはずもないが、用心に越したことはない。

翻って、私自身に限って言えば、そうしたことを考えていくつか短編を「小説家になろう」に登録はしているが、お世辞にも本格的に取り組んでいると言える状況ではない。
その理由の一つが所有権(著作権)である。
自サイトという形だと、SNS使用者に比べれば色々と手間はかかるし、憶えないといけないことも多いが、少なくとも「所有権」ははっきりしている。
何しろ、仕組み込みでこちらで作っているからだ。
HTMLだけの表示にしろ、PDF化するにしても、いま主流と思われるEPUB方式にしろだ。
私自身も、完結→リライトしたものについてのPDFというのは、実はちょっと考えていたりする(笑)
理由は、紙に起こしても問題のない作品というものをちょっと追求してみたかったりするので。
話はずれるが、新作のアイオンに関してはその方向で考えている。
ウェブ連載→キリのいいところで再校正→PDF(orEPUB)化という流れである。
最近、XHTMLでコードを書く理由のひとつがそれに対する意識だったりする。
問題は時間と技術だな(^^ゞ

要は何を言いたいのかというと、自サイトメイン=仕組みまで含めて責任を持つというのは、実は自作品に対する自分なりの保護措置だったりするのだよということです。
ただ、いまのところ、プロへの野心はない。
理由は単純で、才能は言うまでもなく、私の健康コンディションでは商用のライターというのは、体力的に出来るものではないだろうと。

小説SNSに乗り気でない理由は以上の通りだが、一方で何か面白そうなコミュニティがあるのだとしたら、参加してみたいなとも思っております。

Evernote

Evernote始めました。

でも、使いどころがよく分かりません(爆)

原稿の下書きなどに使えるかいな?という感じですが、どうでしょう?
いい活用法をご存知の方、お教えくださいな♪

マイドキュメントの扱い(Windows 7)

この間、リアルの知人で私同様、Windows7OSのパソに買い換えた人より

「あの・・・マイドキュメントってどこにあるの?」

という質問がありました。
考えてみれば、私にしても長くXPを使ってきたせいでしょう。同じWindows OSであっても、7には戸惑うことが多々。
いい機会なので、こういうちょっとしたことを備忘録的に書き留めておこうかと。

で、マイドキュメントの扱いです。

XPや2000から乗り換えると、戸惑う部分のひとつがこれかと。
XPの場合は、メーカー品によっては最初からマイドキュメントを表示しています。
以後の説明の便宜上、ログインユーザーが「Administrator」であるという前提で話を進めます。

XPの場合、これをエクスプローラーで表示すると

C:\Document and Setting\(ユーザー名)\My Document

上記の「My Document」フォルダが、デスクトップ上に表示される「マイドキュメント」に当たります。

Windows 7の場合は

C:\ユーザー\(ユーザー名)\マイドキュメント

となりますが、XPとの違いとして、XPはマイドキュメントの下に、マイピクチャ、マイミュージックなどのフォルダがあるのに対して、7の場合は、(ユーザー名)のフォルダ(私の場合はAdministrator)の下にマイドキュメント、マイピクチャなどのフォルダが並列して配置されています。
で、これをわかりやすく表示するために、デスクトップに従来のWindows OS同様アイコンを表示させます。

まず、デスクトップ上に右クリック(或いはコントロールパネルの「デスクトップのカスタマイズ)
メニューのうち「個人設定」を選択。

ファイル 1105-1.jpg

デスクトップ設定の「個人設定」の項目が表示されます。画面左側メニューのうち、「デスクトップアイコンの変更」を選択。

ファイル 1105-2.jpg

デスクトップアイコン6種のチェックが可能になります。各名称をXP基準に合わせると


























Windows7Windows XP
コンピュータマイコンピュータ
ゴミ箱ゴミ箱
ユーザーのファイルマイドキュメント
コントロールパネルなし
ネットワークマイネットワーク

原則として、WIndows 7の方がシンプルな呼称になってます。
これらの項目にチェックを入れ、「ユーザーのファイル」を表示するようにすると
(ユーザー名)のアイコンがデスクトップに表示されます。
私の場合は、「Administrator」ですね。
これを開いてみると

ファイル 1105-3.jpg

上図のように「ライブラリ」という画面が開きますので、いままでの「マイドキュメント」と同様の管理が行えます。

あと蛇足。
パーティションを切ったXP端末限定での設定ですが、システム系のファイルが集中しているCドライブにあまりものを置きたくないという方は、エクスプローラー上からの設定で、マイドキュメントフォルダそのものをDドライブなど、他のパーティション上に配置することも出来ます。
エクスプローラー左側のツリーでマイドキュメントを指定し、右クリック→プロパティを開き

ボックス内に表示されているマイドキュメントのパス

ファイル 1105-5.jpg

C:\Document and Setting\(ユーザー名)\My Document

のパスを書き換えます。たとえば、マイドキュメントをDドライブに置きたい場合には

(例)D:\Document and Setting\(ユーザー名)\My Document

という具合ですね。

一人寂しくWindows7を使うための指南書

さて、Win7の設定もある程度落ち着いてきたので・・・
旧ブログでとりあげたこれ

一人寂しくXPを使う人の指南書

これのWin7版です。
ただし、対象となるVersionは、あくまでも Professional と Ultimete 限定でありますのでご注意の程。

基本的に、というか、今回セッティングしたPCは私しか使う人間はいないので、ユーザーはXPの時と同じく、Administratorでログインして使うこととします。
これが現在(2012/05/03)でのデスクトップ。
デスクトップ壁紙を窓辺ななみにしてみた(Twitter)
窓辺ななみです(爆)

ちなみに、XPの方はXPたんだったりする(爆)
ファイル 1103-1.jpg

さて、私の場合は、XPでも7でもデスクトップにマイコンピュータアイコンを表示させております。これを右クリックして、管理を選択。
ファイル 1103-2.jpg

画面左側のツリーより、ローカルユーザーとグループ→ユーザーを選択。
ファイル 1103-3.jpg

Administratorを選択し、右クリックしてプロパティ
ファイル 1103-4.jpg

アカウントを無効にする(デフォルトの設定)のチェックを外す。
ファイル 1103-5.jpg

ここまでできたら、次にスタートメニュー → 「プログラムとファイルの検索」欄に以下の文字列を入力

regedit

プログラムを開く許諾画面が表示されるので、OKあるいは許可をクリックしてレジストリエディタを開く。
レジストリエディタを以下の順に開いていく。

HKEY_LOCAL_MACHINE → SOFTWARE → Microsoft → Windows NT → CurrentVersion → Winlogon

文字列値の値を以下のように書き換える

DefaultUserName既存のユーザー名から「Administrator」に。

レジストリを書き換えたら、再起動。
起動時のログインユーザーに、Administratorが加わっているはずです。
管理者パスワードを設定していない人は、Administratorでログインしたときに、コントロールパネルからログインユーザーの変更画面にて設定します。

また、ログイン画面を経由せずにWindowsを立ち上げたい人は、レジストリエディタで先ほどと同じ場所の以下の文字列値を編集。

AutoAdminLogon の値を「1」に。この文字列値がない場合は新規作成。

さらに、パスワードを設定した上でこの設定を活かしたいのなら、
同じ場所で、以下の値を作成する(文字列値)

DefaultPassword → 値は作成したパスワード

これで、常時Administratorでログインした状態でPCを使えます。

スマホに入れたもの

携帯がiPhoneに変わって最初にインストした有料アプリ。

それは、ウィルス対策ソフトでした。

act2 ウィルスバリア

正直、この種のソフトの評価としては、使い続けてからノートラブルの状態がいかに続くか?なので、レビューのようなことは出来ませんが、ハッキリ言って精神安定剤(笑)としての効果は大きいです。
でも、スマートフォン(スマホ)の場合・・・

iPhoneやiPadに危険な脆弱性、Webアクセスでウイルス感染の恐れ

シェア伸ばすAndroidを襲った「駆除できないウイルス」の恐怖

Androidスマートフォンをウィルス・不正アクセスから防御する技

その機能がPCに近づけば近づくほど、ウィルス+マルウェアのリスクは高まるわけで、PC同様セキュリティソフトは必須であります。
自分の周囲を見回しても、意外とこの部分おざなりの人が多いような……
私は基本面倒くさがりなので(爆)リアルではあまり「力説」することはありませんので、このブログにのみ情報を載せておきます(オイオイ)

アプリの入手については、iOSの場合は、iTunesで入手するわけですが(それ以外の入手方法=”脱獄”にてついてはお勧めしない)、私の場合はiPhone/iPod touch で直接入手せず、PC(母艦)経由で入手しています。
これは、アプリについて自分なりに「セーブ」するための自制でもあります。
また決済に関しては、クレジットの情報は登録してはありますが、基本コンビニで売っているiTunes Cardを使用しています。クレジット決済はあまり好きではないのですよ。
もうひとつ言うと、アプリだと通常のデータよりも「重い」ので、ひょっとしたら通常の3G回線では厳しいかもしれません。「しれません」というのは、私はいつも自宅のWiFi環境でしかDLしたことがないからです。
3G回線でのDLは「あおぞら文庫」くらいなものです。

そう、ウィルスバリアとともに最初にインストしたのは、「あおぞらビューワー」だったのでした。

あおぞらビューワー

最後に・・・
セキュリティ対策が必要なのは、OSにiOSやAndroidを使っている以上、タブレットにも同じ話がそのまま当て嵌まりますよ。

で、ふと思ったこと……

ウィルス対策の歴史と実績を考えると、その点だけで言えば、Windows 7 やWindows Mobileという選択肢も「あり」かもしれないなと。

マルウェア覚書

この間、会社で「spyware protect」に感染した人がいました。

マルウェアとしては、割とメジャーどころなようですが、これにかかるとコマンドが通らなくなるとか色々と厄介。
で、対処法としては、以下の方法がほぼベストだと思うのですが

Yahoo 知恵袋 Spyware Protect

その方法を通す前に(XP)

1,マイコンピューターアイコンを右クリック→プロパティ、或いはコントロールパネルから「システムのプロパティ」を呼び出し、「システムの復元」を無効にする
2,コマンドが通らないので、再起動をかけ、起動時にF8キーを叩いて、セーブモードで立ち上げる
3,ショートカットキー「Win+R」或いはスタートメニューから「ファイル名を指定し実行」を呼び出す
4,ファイル名指定欄に「msconfig」と入力、Enter。「システム構成ユーティリティ」を呼び出す。
5,「スタートアップ」の項目にて。「protect」というスタートアップが設定されているので、入っているチェックを外す
6,適用ボタンを押した後、OKボタンを押すと再起動を要求されるので、そのまま再起動
7,再起動後もセーブモードでの作業を続けたい場合には、「BOOTINI」タブでブートオプション→「SABE BOOT」にチェック

というプロセスを通した方が確実です。
削除作業完了後は、システムの復元を有効にすることを忘れずに。

まっくまっく*2

Mac miniをセットして、テレビと繋いだのはいいが、純粋にPCとして見た場合、操作性に難ありだな(汗
大画面相手だと存外操作しにくい。OS(雪豹)自体の操作性は慣れの問題でしょうが、ハードとして見た場合の扱いにくさというものはある。


  1. パイロットランプが視認しづらい。

  2. 電源ボタンと各端子が背面に集中しているため、機器の切り替えがしづらい。

  3. 光学ドライブにEJECTボタンがない。

ざっと気がついた点をあげるとこんなところか?
2については、デザイン優先なため、前面パネルがごちゃごちゃした印象を与えるのを嫌った結果でしょう。ただ、私がメインマシンを使っているときには、結構前面パネルでUSB接続機器を切り替えているので、この一点だけでも正直メインマシンにはしづらい。
3もデザイン優先設計の結果。ただ、Mac用キーボード(無線)にはEJECTボタンがついているが、Winで使う場合にはWin用キーボードをUSBで接続して使用してますが、この時にはエクスプローラーから取り出し操作を行っています。
なぜそんなことをしているかというと、XPで立ち上げた時、無線キーボードを認識してくれないからなのでした・・・

ところで、テレビに接続して音声が拾えない問題、解決しました。
何のことはない、テレビ側の設定の問題だったのでしたorz

最後にブラウザのこと。
MacとWinでは、サイトの見え方が違う問題があるが、自サイトをみたところ、フォントの問題をのぞけば、レイアウト的には問題なし。えらいぞ、オレ!!
デザイン要素をスタイルシートで組んだのが正解だったか。フォントに関しては、自サイトはMacの時には「Osaka」で表示されるように設定していますが、他のサイトを見るといわゆるヒラギノゴシックで表示されているようです。
ウェブページでのフォントに関しては、こちらをご参考に。

まかまか

先日来の書き込みで、察しのいい方はおわかりかも知れませんが、福岡のアップルストアに行きまして、Mac miniを購入いたしました。
テレビを買い換えたことで、普段PCで見ているものを大画面で見てみたいというよこしまな考えからです。
Mac miniには、HDMI端子が標準でついているのですよ。

で、本日午前中、やや遅い時間ながらもセットアップ開始。
本体と一緒に購入しておいたVGA-mini DVIアダプターを使って、メインのWin デスクトップ(自作)用モニターに接続。
で、最初なので、予備のUSBマウスとキーボード(どちらもWin用)を繋げて電源ON。
最初は当然のことながら、Mac OS Xのセット。
これは、何だかよく分らないうちに終了(笑)
本体とOSのアップデート、プリンタ(MP 640)の設定。

それが終わったら、今度はBOOT CAMPの設定。
BOOT CAMPアシスタンスを使って、XPインストール用のパーティションを確保。
マニュアルでは、32GBを標準とありましたが、ここは大きめに80GBを確保。
パーティションを確保した後は、XPのインストールディスク(SP2)を挿入して、インストール。
ちなみに、XPはProfessional verをインストール。
OSインストール終了後、Mac OS X のインストールディスクをセットして、BOOTCAMP用ドライバをインストール。
ドライバインストールが終わった後は、現状のメインマシンに準じたセットアップ。


  1. コントロールパネル→フォルダオプション→表示→「登録されている拡張子を表示しない」のチェックを外す。

  2. BOOT CAMP用パーティション直下に、「autorun.inf」という名称の空フォルダを作成(ウィルス対策)

  3. ショートカット「Win+R」から、regedit(レジストリエディタ呼び出し)、レジストリを編集

  4. Administratorでログインするように既定のユーザーを変更。

  5. コントロールパネル→ユーザーアカウント→ログインの方法を変更する→「ようこそ画面を表示する」のチェックを外す

  6. プリンタをインストール

  7. ブラウザからルーターの管理画面を呼び出し、Mac miniとルーターとの接続に無線LANを適用。

  8. 予め差しておいたLANケーブルを抜き、無線LANでの接続を実行

  9. 再起動

  10. ネットワーク接続、プリンタの動作を確認

  11. Installer 3.1 をインストール

  12. Windows Update、この時IEをver 8 にあげておく

  13. Update終了後、別のディスクに保存してあったXP SP3をインストール。

  14. SP3へのアップグレード完了後、Trendmicroのウィルスバター2011をインストール

  15. サブとして用意しておいたネットブックから、登録情報を取得。ユーザー登録を更新

  16. さらに再度のWindows Update

  17. 再起動の後、再びBOOTCAMPマネージャーから、起動ディスクを選択。Macを指定する。

  18. Macを指定した後、さらに再起動。起動する間に再度LANケーブルを差す。

  19. Mac OSが起動したら、AirMacを設定。

  20. AIR Mac 設定完了後、LANケーブルを抜き、再起動。

  21. ネットワーク接続を確認する。

以上で、時間はかかったもののMac miniの当座の設定は終わり。
下の写真が現在の状態。

ファイル 774-1.jpg

とりあえずの作業は終わり。
ただ、HDMIで接続しているのに、Mac Winともに音は本体からするんですよね・・・
このあたり、どこか設定をいじれば音声もテレビ側から出せるんだろうか?
それとも音声だけ別のデバイスで拾わないとダメか?
まぁ、あとはゆっくりやるが、とりあえず「イカ娘」更新配信での最終回は大画面で見ることは出来た。
感想は、気が向いたなら、後ほど・・・・・・かも・・・・・

一応・・・

元々は、サメさんに教えてもらったことでありますが、こっそりやっている人がいるなら、気をつけた方がいいですぜ。

mixiがメアド検索実装で騒動勃発!! 自動的に検索ONで人間関係崩壊の危機

現在、mixiアカウントは継続しているものの、mixi日記をやめブログと統一、mixiのつぶやきもtwitterと共通。画像は自前のレンタルサーバーに。動画もyoutubeにはあげても、mixi保管はなし。故にmixiのみのエントリ&コンテンツというのはないですが、こういうことが起きてくると徐々に距離をとっていたのは正解だったかな?

ページ移動